Archive for the ‘記事’ Category

一つの風俗求人情報を多面的に他のものと比較することがとても大事なのです

2015-09-14

風俗で働こうと思って求人を気にしている人の中には、働く時間が自由になる仕事が良いと思っている場合もあるようです。他に仕事を持っている場合など、時間が自由になる事を重視している人は多いのです。

■好きな時間に働ける求人
ある程度自由に仕事時間が選べる求人も色々とありますが、その一つがデリバリーヘルスになります。これは店舗で行うファッションヘルスとは違い、お客さんの元に出張してのサービスとなるのです。

場所はお客さんの自宅という事もありますし、ホテルの部屋という事もあります。どこに行くのかはお客さん次第ですが、お客さんが来店するという事が無いので比較的自由に仕事時間が決められる事が多い求人なのです。

■移動があるので効率は落ちる
お客さんの元まではお店の車で送って貰える事が多く、帰りも迎えに来てくれるので場所を気にする必要はあまりないのです。

出張可能範囲がお店によって決まっていますから、あまり遠くに行くとことも無いのです。ただ、出張して行うサービスですから移動時間がどうしても出てくるので、店舗でのサービスよりも稼ぐ効率は落ちることもあるのです。

さらにお客さんがチェンジをしてくる事もあり、出掛けていっても他の女性に変わる事もあるのです。

■女性からの人気の高い仕事
ただ、店舗型よりも効率が悪くなる部分があるものの、風俗店に出勤しなくて済むという部分で女性の人気も高い求人なのです。

収入自体も1日で数万円は稼げるようになるので、空き時間を利用して働きたいという女性がたくさんいます。本番がないサービス内容も安心出来るのか、主婦や女子大生が空いた時間を利用して働いていることも多いのです。

デリバリーヘルスは店舗型ファッションヘルスよりも、始めやすいと思う女性が多いようです。

収入が増えるのはほぼ間違いないと言われている風俗の求人情報を検索!

2015-09-11

風俗の求人を探す際に給料日がいつなのかというのはすごく重要なことです。一般企業のように月1回というお店はむしろ少なく、出勤した日が給料日というようなお店もたくさんあります。

働いた後に稼いだお金がすぐにもらえるというのは何よりもうれしいのではないでしょうか。自由出勤制を取っているお店であれば、急にお金が必要になった場合であっても、すぐに連絡をすれば勤務に入れます。

今日働いた分が1か月後にまとめて給料として入ってくるよりは、1日働いた分がすぐに給料として戻ってくるというのは働いた実感が得やすいです。

仕事が長く続かない人であってもすぐもらえるために継続することができやすいです。そこで問題になるのが今日稼いだ分をすぐ使ってしまうということです。

月給制みたいにまとまったお金を頂くのであれば、すべてのお金を使おうという気にはならないですし、いくらかは生活費として残したり、貯金をしたりということができやすい。

それに対して、日払制ですとお金が貯まりにくいというデメリットがあります。こういう事情があるから、金銭感覚が狂いやすいと言われています。

金銭感覚が狂わないためには、強制的に定期預金のようなもので貯めたり、目標を持つということが大切になります。何万円貯めたいという目標があれば毎回すぐに使ってしまうということは少なくなりますから、お金が貯まりやすくなります。

将来何も残らないということになると後悔してしまいますので、自分で何とか金銭感覚を保つために自制をしてください。風俗の場合は出勤した日が給料日というシステムが一般的ですので、すぐにお金が入ってきます。

そういう状況でも何とかお金を貯めるように努力しておいた方が後々のために役に立ちます。

仕事の流れなどは面接前に風俗求人情報サイトで細かくチェックしておく

2015-09-07

風俗は、今や女性の新しいお仕事のトレンドとしてメジャーなものになりつつあります。しかし、普通の業種と違って女性がお客さんとして接することがない分どうしても業種などの違いがわからない人も多いと思います。

そこで、風俗の求人をみるときにどんな業種がありその業種がどんな仕事なのかを解説しましょう。

■ファッションヘルスについて
ヘルスとも呼ばれるこの業種は、いわゆる一般的な風俗のことを示します。サービスの内容はリップサービス、ボディサービス、ハンドサービスが基本になります。

オプションで素股やフェラチオなども付け足すことができるのですが、風俗嬢側でNGにすることもできるところが多いですね。

服を脱いで接客しますので基本的に裸を見られるし、体を触られるのもサービスの一貫で酢。

■仕事の流れについて
店舗の個室に移動し、シャワーを浴びてから体で男性を満足させるという形になります。基本的に射精させてあげるのは勿論なのですが、接客はコース時間が定められています。

本番は禁止になっていますので、挿入はありません。客層は若い男性から中年くらいの男性が多く、低料金なところが多いので気軽に利用できるというようなメリットのある仕事です。

接客時間は、およそ30分からそれ以上で人によっては延長や最初から長いコースを希望する人も結構います。お給料は、およそ5000円から20000円くらいが一人当たりの接客に対する料金だと思うとわかりやすいです。

そのお店の接客サービス料金とバック率によって左右されますし、指名料やオプション料金の追加などによってもかなり上下しますので、一度で稼ぐことができるお金は人それぞれと云ったところになっています。

人によって風俗で働き始める理由は違っているようです

2015-09-02

性風俗には、ソープランド、デリヘル、イメクラ、ファッションヘルスなどの種類があります。風俗求人のサイトでは、これらの中から自分に合う種類の性風俗を選ぶことができます。

もちろん、全国区に対応していますので、自分が住んでいる地域や、これから住みたいと考えている地域など、場所の選択も可能になっています。

現代は、性に対する価値観が変化し、性風俗で働くことに抵抗を感じなくなっている女性は多くなっていますが、それに伴って風俗求人サイトも増加の傾向にあるのです。

増加の傾向にある風俗求人サイトですが、女性が性風俗で働くのはどうしてでしょうか?性風俗で働く理由。真っ先に思い浮かべるのは、お金だと思います。

実際、お金を求めて性風俗の仕事を選ぶ女性がほとんどです。しかし、性風俗で働く理由はそれだけではありません。

■宮下(仮名)さんの場合
宮下さんは、風俗求人サイトで募集していたピンクサロンで働いています。通称、ピンサロ。ピンサロには個室がありません。

パーテーションで区切られた簡易的な空間で、フェラチオなどの性的な行為をし、男性客を気持ちよくさせます。「赤ちゃんみたいに求めてくるの」宮下さんは、体系も顔も、相撲取りのような女性です。

お世辞にも、可愛いと言い難いです。「私、ブスでしょ?」うなずく前に、宮下さんは話を続けました。「だから、練習したんだ」宮下さんは舌を出し、レロレロとさせます。

舌は、動いていないようでしたが、よく見ると、上下運動をしています。「舐められたい?」またうなずく前に、宮下さんは話を続けます。

宮下さんの話によると、男性客は、もっと、と懇願してくるそうです。撫でられている猫のように、ソファの上に寝そべり、悶えるのだといいます。「今まで、人に求められること、なかったから……」

■必要とされること
人から認められ、必要とされることは大切です。うさぎは寂しいと死んじゃうんだよ?という台詞が流行したのは10年以上前の話ですが、寂しくて孤独死する人はまだいます。

むしろ、増加の傾向にあるのです。宮下さんは、外見が醜いと言う理由で、いじめに遭っていたそうです。必要とされない体でも、普通に働くよりお金が稼げるはず、そう思って宮下さんは風俗求人サイト物色し、ピンサロに応募しました。

お金を稼いで、周りの人たちを認めさせようと考えていたのです。お金のために働くことになりましたが、意外な才能が開花したというわけです。

舌技。現在、宮下さんはナンバー3のポジションを獲得しています。初めはお金が目的だった宮下さん、今では必要とされることに幸せを感じ、ピンサロで働いています。

■葉山さん(仮名)の場合
「うぜえんだよ、いちいちが」茶髪の葉山さん(仮名)は、細く、鋭い目つきで私を見ました。狼の目つきを思わせる葉山さん、全身から溢れているオーラが、反社会的な女性の匂いを発散させています。

高校を中退した葉山さんは、看護師の試験勉強をしながら内科で勤務したり、工場で働いたりしていましたが、勤務先のルールに縛られるのが嫌でやめたそうです。

しばらく遊んでいた葉山さんですが、たまたま携帯で見た風俗案内サイトで、セクキャバの仕事の就くことになりました。「あれも、だめだったな」セクキャバの仕事は、キャバクラに似ています。

違うところは、男性客に体を触らせるところです。下半身は触らせないという決まりだったのに、下半身を触られた葉山さん、怒鳴った勢いで、男性客の横っ面に平手打ちをしたそうです。

葉山さんは、セクキャバを解雇されました。「才能が見抜かれたんだろうな」葉山さんが勤務していたセクキャバの系列店に、SMクラブがありました。

SMクラブで勤務する場合、Sなら男性客をいたぶり、Mならいたぶられます。SMクラブを紹介された葉山さん、もちろんSです。

「客が泣きながら欲しがるんだよ」男性客の苛め方を話す葉山さんは、いきいきとしていました。細く、鋭い目つきに変化はありませんでしたが、柔らかい表情に変っています。

■自由を求めて
「俺は、自由に生きてえし、自由に生きるよ」帰り際、葉山さんはそう言って立ち上がりました。反社会的な葉山さん、規則に縛られるのは苦手だったのですが、縛る行為は得意だったのです。

自由を求めるということは、風俗店で働く理由に挙げられます。お金を得ることは、自由に繋がります。生活費が足りないと嘆く人はたくさんいますが、風俗店の賃金は高いので、お金の心配から自由になれます。

葉山さんのように、社会的な拘束から自由になることも可能です。売り上げが良ければ、ピアスを何個開けようとも、モヒカンにしても、ある程度は許されるのです。

葉山さんの場合には、サドの素質があったので、精神的にも自由になりました。

■おわりに
生きていくために、働くことが必要です。一般的な仕事とは違う職種、性風俗での勤務はそれにあたります。どうして一般的な仕事に就かないのか、という理由を挙げれば、やはり第1にはお金の問題があります。

両親がいなくて、学費の為に性風俗で働いている女性や、家族が抱えてしまった借金を背負ってしまった女性、自分の借金を返済するために勤務する女性など、お金に関係する理由が第1に挙げられます。

しかし、性風俗で働く女性は、お金という理由だけではありません。少数の理由ですが、孤独から解放されたい、必要とされたい、自由になりたいなど、精神的な願望を満足させるために、性風俗に勤務する女性もいるのです。

Copyright© 2015年9月2日 風俗求人情報で魅力的な部分だけを見ていると良くないよ
http://www.rescuebands.com All Rights Reserved.